スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アート】芸術テロリストBanksy

Banksy_Street

「街をマジに汚しているのは、ビルやバスに巨大なスローガンをなぐり書きして、僕らにそこの製品を買わないかぎりダメ人間だと思い込ませようとする企業のほうだ。やつらは、ところ構わず平気で僕らにメッセージを浴びせるくせに、僕らが反論することはけっして許さない。やつらがケンカを売ってきたから、反撃の武器に壁を選んだのさ」
「Banksy Wall and Piece PARCO出版」 より


Banksy(バンクシー)

イギリスを拠点として活動する覆面アーティストです。別名「芸術テロリスト」

最近、本屋で偶然見つけた写真集を買ってからファンになってしまいました。

この人のストリートアート作品は凄くいい。超クールです。

芸術は苦手ですが、ストリートアートには興味が出て来ました。


バンクシーは世界各国で、ゲリラ的にグラフィティを描いていて、

あのパレスチナの分離壁やサパティスタ民族解放軍のテリトリー内でも作品を描いていたとか。

骨のあるアーティストです。


そんなバンクシーの作品の写真をいくつか拾ってきたので、紹介します。

続きを読む

スポンサーサイト

【映画】インビクタス/負けざる者たち

インビクタス/負けざる者たち

 「我々が事態を変革しようと戦っているとき、我々はよく忘れてしまうものさ。変革すべき対象に我々自身を含めることをね」
by ドン・ドゥリート
(「帰ってきたドン・ドゥリート Ⅳ我々も他者」 メキシコ先住民運動連帯関西グループ様より引用)


以前から気になっていた映画でしたが、先月になってようやく見て、
クソが、なんでもっと早くに見ておかなかったんだよと後悔しました。
とても素晴らしい映画です。

もしかすると今の世の中に、この映画はあまりふさわしくないのかもしれない、・・という感じもしますが(笑)
それでも僕にとって、この映画はとても大切な事を思い起こさせてくれる良い映画でした。
僕の拙文で、その魅力を伝えられるかどうか不安ですが・・
是非とも、色々な人に紹介したいのです。

ところで今まで言うのを忘れて、うっかりしてましたが・・

※以下ネタバレ注意  ・・・です

続きを読む

【Serj Tankian】HARAKIRIのライナーノーツに関して思う事。

HARAKIRI

少し遅い話題になりますが、
アメリカのヘビィロックバンド、システムオブアダウン(以下SOAD)のボーカル、
サージ・タンキアンの3番目のオリジナルソロアルバムが今年の夏、発売されました。

まがりにもSOADのファンである僕にとって、
このアルバムの登場は、正に待望の!!と言った感じで、
クソみたいな出来事も多かった今年、
特に嬉しかった出来事の1つになってくれました。

彼の今回のアルバムも素晴らしい出来で、
メタルからヒップホップ、彼らしいゴシック要素の入った民族音楽的な楽曲などなど・・・
多種多様なジャンルをふんだんに詰め込んだ、音楽的な豊かさに、
激しい怒りの表現だけじゃなく、彼らしい繊細さやユーモアなんかもあったりして、
そういったトータルな表現の豊かさにも満足させられる1枚でした。

それよりも何よりも、うーん 格好いい曲ばかりっ!!
ありがとうサージ、僕にとって今回のこのアルバムは、
今年1番の最高の贈り物だったよ。
(出来れば来日もして欲しいなぁ・・・)


そんなこんなではありますが、僕が唯一不満に思った点もあります。
それが、今回取り上げる今作の日本盤ライナーノーツに関してです。
(アルバムそのものとは、あまり関係ないかもしれませんが・・・)

続きを読む

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
Closed-Thinkは、
折り紙用語のClosed-sinkをもじった造語です。

創作折紙を中心に、
日々の充実した
多趣味生活について語っていきます。

因みに当ブログはリンクフリーです。
ご自由にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
■ 花岡パトリオット
仮ピーさんのブログ
同じくおりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
斬新なアイディアを繰り出して作られる超複雑な人物造形は必見。

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。