スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アニメ】恐竜惑星のDVDセットを買ってしまいました。

恐竜惑星とジーンダイバーのDVDセット

最近 「恐竜惑星」のDVDボックスを買ってしまいました。

(写真ではさりげなぁ~くジーンダイバーのDVDボックスも入っていたりして・・)

たまたまYouTubeとかで見て懐かしくなり、ついつい買ってしまいました。

そう なっつかしぃんです。  やばいですよ、

もう20年前の作品ですこれ!






「恐竜惑星」は1993年にNHK教育番組「天才テレビくん」の枠内で放送されていた作品で、

当時としては画期的な「アニメ」「実写」「CG」を組み合わせた斬新な映像が話題を呼んでいたりもしたそうです。

でも、何よりも特筆するべきなのは、

子供向け恐竜解説番組と、非常にコアなSF設定を取り入れたストーリーとしての面白さが、

ちゃんと両立しているという点でしょうか?

当時「恐竜少年」だった僕は勿論の事、親とか兄弟と、家族全員で夢中になってみていた記憶があります。



でも上記の他で、この作品が素晴らしいと個人的に感じるのは、

恐竜のデザインでしょうか。

今見ても、とってもかっこいい!!

今回は、そのほんちょっと一部をご紹介しましょう。
ケラトサウルス
ケラトサウルス

獲物を狙っています。

ランベオサウルス
ランベオサウルス

死んでます。白亜紀後期の北アメリカに生息していた大型カモノハシ竜

全長のサイズは15メートル、なんとあのティラノサウルスより大きい。

カルノタウルス
カルノタウルス

むしゃむしゃ

アロサウルス
アロサウルス

ジュラ紀後期の大型肉食恐竜 っていくらなんでもこんなにでかくねぇだろ!

(余談ですが、アロサウルスはティラノ程ではないですが、非常にファンが多いみたいです。
指の数が3本あるからアロサウルス、という折紙界隈でよくあるパターンはあまり良くないかもと思います)



始祖鳥
始祖鳥

スタイリッシュです。劇中では重要な生物として扱われてました。(登場回数1話ぐらいしかないけど)



う~んどれも格好いい・・

全体的にカラーリングのセンスの高さが光っているような気がします。

特にランベオサウルスと始祖鳥の黒と白を基調としたデザインが好みですね。

(ランベオサウルスは劇中では不遇な扱いしか受けていない・・)

こういったデザインは現生動物からヒントを得たものなのでしょうか?

気になる所です。




ところで、画像を使うと何だか記事が長くなるような気がします。

そんな訳で、ここら辺でお開きにしたいのですが、

最後に、ちょっと関係のないお話。

考えてみると僕が折紙恐竜のインサイドアウト表現に拘るのは、

この作品からの影響というのもありそうな気がします。

もしかすると、「恐竜惑星」は僕にとって諸悪の根源かもしれません・・w









あっ 肝心のストーリの方の紹介はどうしよう。

(本来はそれするつもりでエントリ作っていたハズなのに・・)

まぁいいや、 別の機会にでも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SHUN

Author:SHUN
Closed-Thinkは、
折り紙用語のClosed-sinkをもじった造語です。

創作折紙を中心に、
日々の充実した
多趣味生活について語っていきます。

因みに当ブログはリンクフリーです。
ご自由にどうぞ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
■ 花岡パトリオット
仮ピーさんのブログ
同じくおりがみ新世代を代表する若手創作家のお一人
斬新なアイディアを繰り出して作られる超複雑な人物造形は必見。

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。